ワイヤレス型防犯カメラ

ワイヤレス型防犯カメラ(無線型カメラ)とは、カメラで撮影した映像信号を、信号ケーブルを通さないで、無線で受信機(レコーダーやモニター)に送信する防犯監視カメラのことです。 映像用のケーブルが不要なため、配線工事の手間が省けます。しかし、受信機は電波が十分に届く距離に設置する必要があります。

ワイヤレス型防犯カメラは、新築の建物ではなく、既存の住宅などで壁や外壁に傷を付けたくないときに使われます。

ワイヤレス(無線型)なので信号線の敷設は不要ですが、電源線の敷設は必要であることが多いので、ケーブル配線がまったく不要というわけではありません。

インターネットを介して情報を送るウェブカメラもワイヤレスカメラの一種ですが、普通は、ワイヤレスカメラとは区別されます。


ただし、ワイヤレス型防犯カメラが電池式なら、電源線はまったく不要です。しかし、電池切れを定期的にチェックし、電池交換を忘れないようにしないといけません。うっかりすると、気がついたときには、電池切れで動作しなくなっていたりします。また、カメラが、PoE対応といって、イーサネットケーブル(Ethernet cable、LANケーブルの一種)を介して電力を供給できるタイプのものもあります。この場合も、電源線は不要です。

通常の防犯カメラと同様に、ワイヤレス型カメラも、ボックス型とドーム型に分類できます。また、機能から分類すると、赤外線センサータイプやビデオ録画タイプがあります。

このワイヤレスカメラと赤外線センサー機能およびビデオ録画機能と組み合わせると、ビデオメモリーやビデオテープを効率よく使えるので、長時間の録画が可能になります。

ワイヤレス型防犯カメラの選び方

ワイヤレス型カメラの種類(ボックス型・ドーム型・赤外線感知型など)を決めたら、カメラの性能(映像の決め細やかさ、カラー画像かモノクロ画像か、撮影する範囲(角度)は十分かなど)をチェックしましょう。

また、ワイヤレス型カメラの受信機は電波が届く範囲に設置しなければならないので、カメラの位置と受信機の位置をよく確認してください。電波経路の途中に壁やドアなどの障害物があると、電波が十分に届かないことがあります。きちんと動作できるかどうかわからない場合は、販売業者かメーカーに問い合わせてみましょう。

屋外にワイアレス防犯監視カメラを取り付ける場合は、たとえ雨風にさらされない場所であっても、室内設置の場合に比べてカメラの寿命は短くなります。

ワイヤレスカメラを室内に設置して、お子様やペットの監視などに利用することもできます。

ワイヤレス防犯カメラの欠点としては、通常の防犯カメラと異なり、画像データを無線で送信するため、違法な受信機を使って情報を盗聴される危険があります。(→ 防犯ワイヤレスカメラ・Web(ウェブ)カメラの問題点

実際の設置条件、監視条件、取り付け壁面や天井の強度、ケーブル長さ、画像の鮮明度、価格、製品寿命など、各種条件を総合的に検討してからワイヤレス防犯監視カメラをお選びください。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com