住まいの窓センサー(ウィンドウセンサー)

住宅の防犯対策というと、関心が最ももたれるのが玄関ドアのロックです。玄関ドアは2種類のロックを取り付けることにより、防犯効果がかなり高くなります。

しかし、住宅の侵入犯のうち約7割は玄関からではなく、窓から侵入しています。なぜなら、窓から侵入するほうが簡単だからです。

窓はたとえロックされていても、錠の周りのガラスを部分的に破壊して手を窓の内部に差し込めば、かんたんにロックをはずして窓を開放できます。窓ガラス全体を破壊する必要はありません。このとき、ガラスの破る音が多少したとしても、その破壊音は小さいので、近所の人に怪しまれることはあまりありません。

このような、窓からの侵入犯を防止するにはどうしたらよいでしょうか?


その答えのひとつが、ウィンドウセンサー(窓センサー)です。

侵入犯が窓に強い振動や衝撃を与えたり、人体から発する静電気を感知したり、あるいは窓を開放したときに、窓センサーが異常を感知して、ブザーなどを鳴らして危険を知らせます。家の住人が離れた別室にいたとしても、これで窓の異常を知ることができます。ブザーの大音響に驚いた不審者は何も取らずに逃げてゆきます。

しかし、窓センサーをつけていると、不審者が窓ガラスを破壊して窓を開けたときだけでなく、家の住人が普通に窓を開けたときにも、警報音が鳴ってしまいます。このような無意味な警報が頻繁に出ると、住人はセンサーのスイッチを切ってしまうかもしれません。それではいざというときに役に立ちません。

こうしたトラブルを防ぐためには、窓センサーが不用意にならないように誤動作防止装置付きのタイプもあります。たとえば警報が鳴っても短時間(約30秒)で警報が自動的に停止するタイプ、住人が窓の開閉前に部屋の内部からセンサーの電源を切ることができるタイプ、リモコンで電源をON/OFFできるタイプ、スイッチを入れた直後(約30秒)は警報が鳴らないタイプなどがあります。

家の住人が外出中に窓が破られたら大変ですね。そんな時のために、外出時に窓センサーが作動した場合は、携帯電話や固定電話になどに警報を伝えてくれる便利な装置もあります。

窓センサーの選び方

ウィンドウセンサーは誤動作防止機能があるものを選びましょう。

窓センサーは窓の数だけ取り付ける必要があります。マンションでは窓の数は少ないですが、一戸建てでは窓の数が多いので、かなりの数を用意しなければなりません。それなりの予算が必要になります。また、予備の電池なども、必要な数だけ用意しておく必要があります。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com