防犯窓ガラス

窓用防犯ガラス(防犯ウィンドウガラス、security window glass、burglarproof window glass)とは、ハンマーやバールなどの硬い道具で強くたたかれても壊れにくい窓用の板ガラス(plate glass、PLGL)のことです。

通常のガラス窓に防犯フィルムを貼ればガラスは割れにくくなりますが、防犯ガラスを窓にはめ込んだほうが、より完璧な防犯ができます。個人で防犯ガラスを設置するのは難しいので、建築業者などに設置を依頼する必要があります。新築する時やリフォームする時に、検討しておきましょう。

一戸建て住宅やマンションの侵入犯の侵入手口で最も多いのは、実は、玄関ドアのロックを開放してからの侵入ではなく、窓などのガラスを割り、クレセント部の近くのガラスを割って侵入する「ガラス破り」です。平成15年の警視庁生活安全総務課講演資料調査では、一戸建て住宅の「ガラス破り」は66.4%、マンションの「ガラス破り」は24.9%でした。


ガラス破りの手口としては、ドライバーなどで音がしないように静かにガラスを破る方法と、バールやハンマーなどを激しく打ち付けて荒っぽくガラスを破壊する方法があります。

しかし、ガラスにひびが入ったり小さな穴が開いたとしても、5分間で侵入できなければ、不審者のうちの70%近くが侵入をあきらめます。

窓用ガラスの種類

フロート板ガラス(float glass)

最も一般的に使われている、普通の板ガラスです。しかし、短時間で破られてしまうため、侵入は防止できません。熱線吸収板ガラス、熱線反射ガラス、装飾ガラスなども防犯効果はありません。

型板ガラス(figured glass、FG)

ガラス表面に装飾的な型模様が付いていて、視線を遮るようになっています。しかし、フロートガラスと同様に短時間に破られてしまうので、防犯効果はありません。

網入板ガラス(wire glass)

ガラスの内部に金網が入っているため、火災時にガラス全体が窓枠から外れにくくなり、延焼をある程度防止することができます。しかし、金網は容易に切断できるため、防犯効果はありません。

強化ガラス(tempered glass)

フロート板ガラスを加熱・急冷して製造し、強度を高めたガラスです。万一、大地震が起きたとき、ガラスが割れてガラス全体が粒状になります。そのため、素足で踏んでも怪我をしにくくなり、安全です。また、ガラス窓枠がそっくり開口部になるため、避難や脱出をしやすくなります。

しかし、強化ガラスであってもある程度の力で割れて、開口部が広がるため、不審者の侵入はかえって容易になります。

複層ガラス(double glass)

断熱性を高めるため、2枚のフロート板ガラスの間に中空層を作ったものです。フロート板ガラスに比べると破られにくいものの、防犯効果はあまりありません。

合わせガラス(laminated glass)

2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜で接着して一体化したものです。割れてもガラスの破片が飛び散らず安全であり、また、破られにくいため防犯効果があります。挟まれている樹脂が厚いほど、破壊されにくくなります。樹脂の透明度が高いので、中に樹脂が入っているようには見えず、外見は普通のガラスとまったく変わりません。

防弾ガラス(bulletproof glass)は、防犯ガラスよりもはるかに強度が高いぶ厚いガラスですが、基本的には合せガラスの一種です。

合せガラスの破壊実験例:防犯ガラス破壊試験 セキュオ30

合わせガラスは防犯効果が高いものの、それだけでは万全ではありません。補助錠をつけたり、窓用センサーアラームをつけたりするなど、追加の防犯対策をする必要があります。

合わせ複層ガラス(double laminated glass)

複層ガラスと合わせガラスを組み合わせたもので、断熱性・安全性・防犯効果のすべてに優れています。

防犯ガラスの選び方

防犯ガラスにはいろいろありますが、CPマークつきの製品が安心です。

CPマーク

CP(crime prevention)マークとは、防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議で2004年に決められた防犯性能試験に合格したドア、ガラス、フィルム、ロックなどの建物部品のにつけられるマークです。CPマークのついた製品を選べば安全です。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com