防犯ウェブカメラ(IPカメラ)

ウェブカメラ(WEBカメラ)とは、撮影した画像をインターネットまたはLAN(local area network:オフィスなどの小規模なネットワーク)経由で画像記録装置などへ送信するためのカメラです。

ウェブカメラは、IP(インターネットプロトコル)カメラ、ネットワークカメラ、ライブカメラ(生中継カメラ)とも呼ばれます。防犯用途以外には、パソコンやタブレット、スマートフォンなどについているカメラも、ウェブカメラとして使うことができます。

カメラは一般にデジタル(digital)カメラとアナログ(analog)カメラに分けられますが、ウェブカメラはデジタルカメラの一種です。


デジタル式防犯カメラの性能は最近になって急速に改善されてきました。

デジタル式防犯カメラは、アナログ式カメラと違い、監視センターから、カメラの方向だけでなく、明度・コントラスト・ホワイトバランスなどの画質の調整を簡単にできます。通常は低い画質で撮影し、人間が写ったりしたときだけ高い画質で撮影するように自動切り替えすることもできます。撮影した映像をインターネットやLAN経由で遠隔地に容易に配信することができるため、多数のカメラを一箇所の監視センターでモニターする大規模システムに適しています。カメラ付属のマイクから音を拾い、カメラ付属のスピーカーから音を出す、双方向の音声通信も容易にできます。

また、たとえ解像度が低くても、画面の走査方式がインターレース方式ではなくプログレッシブ方式であれば、ブレやチラツキが減り、画質はかなり良くなります。インターレース方式とは、1回の画面表示を奇数段目と偶数段目の2回にわけて走査する方式です。テレビ放送はこの方式を使っています。プログレッシブ方式とは、1回の画面表示を1回の走査で行なう方式で、ノンインターレース方式とも呼ばれます。

防犯カメラで撮影した映像をビデオに記録し、後で再生する場合、不審者が写っている部分の映像の頭出しが簡単にできないと不便です。簡単に頭出しをするには、画像解析技術により、人間が写っている部分を自動的に探し出せる必要があります。そのように画像解析ができるビデオ装置は、アナログ式ではなくディジタル式のビデオ装置です。

デジタル式カメラはインターネット経由でモニター画面やビデオ装置に接続した場合、送信速度が遅くなる場合があるという欠点がありました。しかし送信遅れの問題はいずれ解決されると思われます。

デジタル式カメラの中には、PoE対応といって、イーサネットケーブル(Ethernet cable、LANケーブルの一種)を介して電力を供給できるタイプのものもあります。PoEは、Power over Ethernetの略です。PoEカメラですと、電力ケーブルを配線する必要がないので、カメラ設置がより自由になります。

ただし、防犯ウェブカメラをインターネット接続で使う場合、送信した画像を途中の経路でハッキングされ、盗聴・改ざんされる恐れがあります。(→ 防犯Web(ウェブ)カメラの問題点

ウェブ防犯カメラの選び方

ウェブ防犯カメラはLANで接続する場合は問題ありませんが、インターネット経由で接続する場合は、インターネットが混雑すると、画像データがモニターなどに届く時間ががやや遅れることがあります。少しの遅れも絶対に許されないような厳しい条件で使いたい場合は、LANケーブルなどで接続するシステムのほうが確実に動作します。

また、赤外線センサー機能を持っている場合は、センサーの感度、つまり、どのような条件で監視動作が始まるのかもチェックしてください。

屋外に防犯監視カメラを取り付ける場合は、雨風にさらされなくても室内設置の場合に比べて寿命は短くなります。

カメラを室内に設置して、お子様やペットの監視などに利用することもできます。

実際の設置条件、監視条件、取り付け壁面や天井の強度、ケーブル長さ、画像の鮮明度、価格、製品寿命など、各種条件を検討してからウェブ防犯監視カメラをお選びください。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com