サムターンカバー型スマートロック

サムターンとは、玄関などのドアの内側(家の中側)についているロックを開け閉めするつまみのことです。ほとんどの玄関ドアについています。

【サムターン】(さむたーん)〜ちょっと気になる不動産用語〜住建ハウジング

しかし、ドアにドリルなどでサムターンの近くに穴を開けて針金などを挿入するか、あるいはドアにある広めの隙間に針金などを挿入して、針金の先端をサムターンに引っ掛けて物理的に回転させてロックを解除することとも出来ます。これを「サムターン回し」といいます。

このサムターン回しを防ぐためには、最初からサムターンに独自のロックがついている製品を選ぶか、そうでなければ、サムターンをすっぽり覆うようなカバーをつけて、サムターンが回転しにくくする対策が有効です。

これに対して、スマートフォンを使ってドアをサムターンでロックする方法が考案されています。

すでにドアに既存のロックがついている場合、それをさらにセキュリティの高い(サムターン対策済みの)ロックに交換するのはかなりの費用と手間がかかります。その場合、スマートフォンを使ったシステムに交換するのであれば、簡単にできるというわけです。このシステムは「サムターンカバー型スマートロック」などと呼ばれます。

たとえば、既存のロックはそのままにしておいて、このスマートロックの装置(電池式)を玄関扉の内側にあるサムターンの上から、粘着シートで貼り付けて設置できます。そのため、ドアを傷つけたりする可能性が低くなります。

そのロックはスマートフォンから専用のアプリで操作して、開け閉めすることが出来ます。電池は1〜2年は使用可能ですが、仮に電池が切れてしまった場合でも、カギ穴はそのまま残っているので、物理キーで開け閉めすることが出来ます。

このシステムを使うと、建物の管理者は、部屋の利用者ごとにロックの開け閉めを許可することができるので、利用者が変わるごとにロックを物理的に交換する必要がなくなります。

特に、不特定多数の利用者がいる施設や住居者の入れ替わりがある賃貸物件や、カギ管理、空き物件を管理する不動産業者間の合い鍵受け渡しなどの必要がある場合、このシステムを利用すれば便利でしょう。

[参考: 話題のスマートロックが一堂に集結! サムターンカバー型スマートロック編




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com