耐衝撃性防犯カメラ

防犯カメラは通常手が届かない高い天井などに取り付けられるので、人間により暴力を受け壊されることはあまりありません。しかし不審者が防犯カメラに打撲を加えて、破壊してから犯行に及ぶ場合も考えられます。そのような可能性がある場合は、打撃に強く、衝撃を受けても破壊されず、しっかりと映像をとらえることできる丈夫な防犯カメラが必要です。

耐衝撃性防犯カメラは防破壊型防犯カメラとも呼ばれます。本体をアルミダイキャストなどの丈夫な金属で作り、レンズカバーをポリカーボネイトなどの強化プラスチックで覆ったドーム型のカメラが一般的です。


ボックス型カメラは露出しているレンズを攻撃されると壊されやすいので、耐衝撃性カメラには向いていません。ほとんどの耐衝撃性カメラは、レンズがカバーに覆われて防護されているドーム型です。外見は、普通のドーム型カメラとまったく同じです。

このような丈夫なカメラを、バンダル・プルーフ・カメラ(vandal proof cameras)といい、そのケース(筐体)をバンダル・レジスタント・ケーシング(vandal-resistant casing)といいます。頑丈で、強盗がハンマーやバールで殴打してもなかなか壊れません。北米では犯罪の凶悪化に対処するため、このようなバンダルプルーフカメラが普及しています。

耐衝撃性防犯カメラは、通常、防塵・防水型であり、耐久性も十分あります。また、簡単にケーシングを取り外したりできないように、いたずら防止に効果的なタンパー・レジスタント・ケーシング(tamper-resistant casing)を採用している製品もあります。

耐衝撃性防犯カメラの選び方

カタログなどに、耐衝撃性、防破壊型、バンダルプルーフ、バンダルレジスタントケーシングといった表記があるかどうか調べましょう。

実際の設置条件、監視条件、取り付け壁面や天井の強度、電源ケーブルの長さ、画像の鮮明度、価格、製品寿命など、各種条件を検討してから防犯監視カメラをお選びください。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com