住まいの防犯赤外線センサー・ライト・アラーム

防犯用の赤外線センサー(infrared sensor)は人間が近づくと反応する装置で、住宅の玄関などに取り付けます。落ち葉や犬・猫などには反応しないようできています。防犯センサー(security sensor)は、通常、防犯ライトまたはアラームとセットになっています。

住宅に防犯センサー・ライトが設置されていると、夜間の空き巣被害の防止に役立ちます。不審者だけでなく一般の訪問者にも反応します。そのたびにアラームが鳴ると訪問者に不快感を与えますが、ライトが点灯するだけなら問題ないでしょう。

しかし、赤外線防犯センサー・ライトだけでは防犯に不十分なので、他の防犯対策製品と組合せて使いましょう。


赤外線センサーには、近赤外線を利用するアクティブセンサーと、遠赤外線を利用するパッシブセンサーの2種類があります。

戸外に設置して異常時にライトと警報を出すセンサーの多くはアクティブセンサーです。それに対して、室内に設置して不審者の侵入を感知するセンサーの多くはパッシブセンサーです。

アクティブセンサーは、玄関ドアの前、庭、勝手口、風呂の前、駐車場の前などに設置して、人や車両が監視領域内に入ってきたとき反応して、ライトをつけたり、サイレンやブザーなどのアラームを鳴らしたりします。

アクティブセンサーは監視領域内に入ってくるものには何にでも、人体以外でも反応します。

パッシブセンサーは、通常室内に設置して、人体から放出される微量の赤外線を感知して、人が監視領域内にいるかどうか判断し、ライトを点灯させたりアラーム音を発生させます。

パッシブセンサーは、一般的には、監視領域内に入ってきた人体にのみ反応します。

どちらのタイプのセンサーでも、落ち葉・鳥・犬・猫などが監視領域に入ってきても反応しにくいように作られているので、正しく設置すれば、誤って警報が鳴ることはあまりありません。

防犯赤外線センサーライトは、近づくだけでひとりでに明りがつくので、防犯用だけでなく、住人の生活にも便利で役立ちます。たとえば、帰宅した時に玄関がひとりでに明るくなるので、両手がふさがっていてもドアキーの開け閉めが簡単に出来ます。

防犯センサーライトの製品によっては、センサー部とライト部が分離しているものがあります。そのような製品の場合、例えば、センサーは室外に、ライトは室内に設置することができます。この場合、室外でセンサーが反応すると室内でライトが点灯します。そこで、不審者は家人が部屋の電気をつけたものと勘違いし、退散します。長期留守中など、このような方法でセンサー・ライトを設置しておけば、留守中の防犯効果が期待できます。

防犯赤外線センサーライトの選び方

センサーで広い範囲を探知すべきか、狭い範囲を探知するだけでよいのか、探知範囲と店頭時間をチェックしましょう。

電源線や信号線の設置が必要かどうかもチェックします。

また、ライトの種類も重要なチェックポイントです。ライトに白熱灯を使ったものは価格が安くなりますが、寿命が短くなります。ハロゲンランプやLEDを使ったものはやや高価ですが、寿命が長くなります。

防犯赤外線センサーライトと防犯カメラなど、他の機能と組み合わせた製品もあります。目的に応じてお選びください。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com