赤外線センサー付防犯カメラ

赤外線センサー付防犯カメラとは、カメラの撮影エリアに人が立ち入った時だけ赤外線パッシブセンサーが検知して、ビデオやモニターが動作を開始するタイプの防犯カメラです。赤外線センサー連動式カメラとも呼ばれます。このカメラは普段は休んでいる状態にあり、監視はしません。監視エリアに人が入ったときだけ、動作する効率的な省エネタイプのカメラです。

赤外線センサー付カメラは、通常の防犯カメラと同様に、ボックス型とドーム型に分けられます。通常は屋外用が高性能のボックス型、室内用が目立ちにくいドーム型です。

この赤外線センサー付カメラとビデオ録画機能と組み合わせると、ビデオメモリーやビデオテープを効率よく使えるので、長時間の録画が可能になります。また、余分な画像が録画されないので、後からの映像チェックの時間が短縮されます。


夜間でも赤外線センサーは作動しますが、暗くなるとカメラには映像が写りにくくなります。夜間でも映像をはっきり写すためには、カメラの撮影範囲を明るくする必要があります。そのために、夜間照明をつけておくか、人体に反応する赤外線センサーライトを設置して、必要な場合にライトが点灯するように設備を用意しておく必要があります。最近の赤外線センサー連動式カメラはカラータイプが多くなっていますが、カラー撮影は通常は昼間しかできません。夜間など暗い場合はカラー撮影は不可能ですので、たとえカラーカメラであっても、通常は、白黒カメラとして動作します。ただし、最近では赤外線カメラであっても、撮影後に色を分析して追加し、カラー画像を映し出すカメラもあります。( 赤外線センサー付防犯カメラのトラブル

赤外線センサー付防犯カメラの選び方

まず、大きさ、デザイン、重さ、機能(自動動作、録画可能など)、取り付け方法(取り付け可能かどうか)、値段などをチェックします。監視の死角をなくすため、防犯カメラはできるだけ複数個を組み合わせて使いましょう。複数台購入のための費用を見積もっておく必要があります。

また、どのような条件で監視動作が始まるのかもチェックしましょう。

屋外に防犯監視カメラを取り付ける場合は、必ず屋外用カメラを選びましょう。室内用の防犯カメラには防水機能はないのが普通ですので、室内用カメラを屋外に設置することは厳禁です。

防犯カメラを防犯以外の目的で室内に設置して、お子様やペットの監視などに利用することもできます。

実際の設置条件、監視条件、取り付け壁面や天井の強度、ケーブル長さ、画像の鮮明度、価格、製品寿命など、各種条件を検討してから防犯監視カメラをお選びください。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com