防犯赤外線アクティブセンサーとパッシブセンサー

防犯センサーの種類

防犯用赤外線センサー(infrared security sensor)には、アクティブセンサー(active sensor)とパッシブセンサー(passive sensor)があります。単に「赤外線センサー」という場合は、アクティブセンサーをさすことがあります。

アクティブセンサーとパッシブセンサーには次のような違いがあります。

(防犯用赤外線センサーについての一般的な説明は、こちらをご覧ください。)


アクティブセンサーとパッシブセンサーの違い

アクティブセンサーとパッシブセンサーの違いについては、次の一覧表をご覧ください。

  アクティブセンサー パッシブセンサー
別の呼び方 赤外線能動センサー、能動型センサー、ビームセンサー、光線式アクティブセンサー、アクティヴセンサー、アクテブセンサー、アクチブセンサー 赤外線受動センサー、受動型センサー、熱線センサー、人感センサー、パッシヴセンサー、パシブセンサー
動作原理 赤外線ビームを発射し、そのビームを反射したりさえぎったりした物体を検出する(受光される赤外線の量の変化を調べる)
人体表面から放出する赤外線を受信し、人を検出する(背景と人体の赤外線エネルギーの差(温度の差)を調べる)

パッシブセンサー自体は赤外線を発射しない
利用する赤外線の種類
近赤外線(near-infrared ray)

可視光線と遠赤外線の中間の性質を持つ赤外線。分解能が高く、より小さな物体を高速で検出できる。
遠赤外線(far-infrared ray)

熱線(heat ray)とも呼ばれる。赤外線ストーブ・赤外線コタツなどで使われている赤外線。分解能が低く、あまり小さな物体は検出できない。
センサーの形状
黒色円柱形の製品が多い

赤外線投光器と受光器が1個の製品になった一体型と、2個の製品に分かれている分離型がある

一体型の場合、人体などから反射された赤外線を受光器で検出する

分離型の場合、人体などにより赤外線が遮断された事を受光器で検出する
白色半円球(ドーム)形の製品が多い 
構造 赤外線ビームを発射(投光)する発光部と、そのビームを受信する受光部から成り立つ 赤外線を受光する部分はあるが、赤外線を投光する部分はない
検知素子 焦電形赤外線素子 強誘電体セラミックス素子
検出対象 ビームを反射したりさえぎったりする物体すべて 人体
用途 玄関に近づく人間の感知、車庫に近づく自動車の感知など 室内に入ってくる人間の感知など
防犯効果 ライトを点灯させる、アラーム(警報)を鳴らす、防犯カメラを作動させる ライトを点灯させる、アラーム(警報)を鳴らす、防犯カメラを作動させる
利用場所 玄関ドアの前、庭、勝手口、風呂の前、駐車場の前など 室内、廊下

実際に販売されている製品は、アクティブセンサーの場合でも、落ち葉やカラス・猫・犬などの小動物の侵入で誤って反応しないように設計・製作されています。

アクティブセンサーとパッシブセンサーは、利用の目的や設置方法がかなり違います。それぞれ、用途に合わせて最適な製品を選択・設置する必要があります。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com