住宅警備(ホームセキュリティー)

住宅警備(ホームセキュリティー)とは、防犯機器を一戸建住宅・マンション・店舗・オフィスなどの建物内に取り付けて、居住者や利用者に異常を知らせるだけでなく、異常を警備会社にも連絡し、警備員に出動してもらうなど、総合的に住宅の防犯を行うことを言います。

住宅警備(ホームセキュリティー)の内容を分類すると、ローカルセキュリティとネットワークセキュリティに分かれます。


ローカルセキュリティは、「自主防犯」とも呼ばれます。玄関や窓や塀などにテレビドアホン・防犯カメラ・防犯センサー・防犯アラームなどの防犯機器を設置し、異常時に居住者が画像をモニターできたり警報を確認できるようにすることです。居住者が外出中の場合は、異常はインターネットなどを介して、携帯電話に通知することも可能です。

ネットワークセキュリティは、「機械警備」とも呼ばれます。やはり、玄関や窓や塀などにテレビドアホン・防犯カメラ・防犯センサー・防犯アラームなどの防犯機器を設置しますが、異常時には、警報を居住者に伝えるだけでなく、警備会社にも通報します。緊急時の通報を受けた警備会社では、巡回(パトロール)中の警備員を現場に出動させます。

ネットワークセキュリティを実施するには、あらかじめ住宅警備会社などと警備サービス契約を結んでおく必要があります。大規模な警備会社には、セコム株式会社(SECOM)綜合警備保障株式会社(ALSOK、アルソック)セントラル警備保障株式会社などがあります。

警備会社によるネットワークセキュリティーは、とても安心なシステムですが、しかし、24時間常時見守られていれば絶対に安全、というわけではありません。

玄関などにセコムなどの警備会社のシールが貼ってあれば、不審者に対して、多少の威嚇効果はあります。しかし、警備会社に依存しすぎるのはかえって危険な場合があります。たとえば、外出時に窓の鍵をかけ忘れるなど、居住者自身が防犯対策を怠ってしまう例もあるようです。最近のエコブームには反しますが、外出時には、必ず玄関と部屋の電気を点灯したままにしておきましょう。そうすれば、在宅中であるかのように見せかけられるので、ある程度の防犯効果があります。暗くなるとひとりでに点灯する室内灯でも効果があります。

また、警備会社のシールが貼ってあれば、資産家の家とみなされる可能性もあります。

そのため、熟練した侵入犯の中には、わざわざ警備会社のシールが貼ってある家を狙って空き巣に及ぶ例もあります。このような犯人は、入念な下見の後、窓ガラスを割るなどして、わざと防犯センサーを作動させて、通行人などを装って、警備員が到着するまでの時間を測定します。警備員が到着するまで、通常、10分近くかかります。その時間を確認した後、後日、防犯センサーやアラームが動作しても、かまわずに建物内に侵入し、警備員が到着する前にすばやく盗みを終えて逃げてしまいます。

このような侵入に備えるためには、大音量の警報機や光を使った威嚇の設備を取り付けたり、また、ドアや窓の開口部を強化して侵入に時間をかけさせたりするなどの、通常の防犯対策も合わせて必要です。特に、ドアに2種類のロックをつけたり、人が通り抜けられる窓に防犯ガラスまたは防犯フィルムを取り付け、さらに、開口部に防犯センサー・アラームを取り付けるなどの対策は効果的です。

一般に、建物内への侵入に2分以上の時間が掛かった場合は、約70%の不審者は諦めて撤収するそうです。

ところで、留守中に侵入されるのは、金銭などの物的な被害だけですみますが、在宅中に侵入されると生命の危険にあう可能性があります。

たとえば、居住者が在宅中に、複数の暴力的な不審者がグループを組んで侵入してくる場合があります。そうなると、脅迫されて、銀行のカードや暗証番号を教えざるをえないでしょう。グループの1人がカードを持って銀行で現金を下ろしてくるまで、居住者は、他の犯人によって監視・束縛されるかもしれません。このような場合、もし警備会社と契約してあれば、短時間で警備員が到着してくれます。つまり、警備会社のシールが貼ってあれば、在宅時に強盗が侵入する危険性は非常に低くくなります。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com