住まいの防犯

住宅の窓の格子外出時には誰でも多少緊張し、いざというときのための防犯意識を持っています。一方、家の中にいるときは、どうでしょうか。安心しきっていて、玄関ドアを開けたまま長い間庭弄りをする人もいます。このようなときにも盗難の被害が起こりがちです。いくら住宅の防犯設備を厳重にしても、防犯意識がなければ被害は防げません。

とりあえず、玄関ドアや窓からの不審者の侵入を防ぐことが住宅の防犯では重要です。そのためには、以下の防犯対策項目をチェックしましょう。


ドアロック

従来の住宅では、1つのドアにロックは1つしか付けませんでした。しかし、ドアのロックは1つだけでは不十分です。ロックが1つだけでは開錠が短時間ですむので、不審者に侵入されやすいからです。

防犯対策を考えると、住まいのドアには2個目のドアロックが必要です。違うタイプのロックが2個ついていると、不審者にとっては心理的な圧迫感になり、一瞬見ただけで侵入をあきらめることが多いようです。

最近では、ロックにもいろいろな種類があります。

従来の機械式のロックのほかに、電子式のデジタルロックなども効果的です。侵入者をだますための、ダミーロックもあります。スマートフォンを使ったロック(サムターンカバー型スマートロック)もあります。

将来はピッキングなどに代わってバンピングなどの強力な開錠方法がいずれ普及するでしょう。その時のために、現在ピンシリンダー錠をお使いの方は、より安全なデジタルロックキーなどに取り替えるのをお勧めします。

ドアポストは便利な郵便受け設備ですが、場合によっては部屋への侵入を容易にする危険があります。

ドアチェーン・U字ロック

訪問者に応対する時に、ドアを少しだけ開いて固定するのに使いますが、防犯機能はほとんどありません。

ドアセンサー・ドアアラーム

不審者がドアゆすったり、開放した時に、ドアセンサーがその振動を感知し、ドアアラームが大音量の警報を出します。

不審者はこれに驚き、侵入をあきらめます。ドアセンサー・ドアアラームは防犯効果が非常に高いものです。

しかし、家人が通常のドアの開閉をするたびに、センサーが誤動作してアラームが鳴っても困ります。それを防ぐために、最近の多くのアラーム製品は誤動作防止装置がついています。

ドアホン

玄関ドアの前の壁には、通常、ドアチャイムかドアホンが取り付けられています。ドアホンはドアチャイム機能を兼ねています。最近のほとんどのドアホンはカメラ付きで、テレビドアホンと呼ばれます。何らかの理由で、玄関子機から屋内の親機にケーブルを敷設できない場合は、ワイヤレスドアホンを設置する場合があります。

ドアスコーププロテクター

ドアスコープは本来、部屋の中から屋外を見るためのものです。しかし、不審者が、屋外から特別な道具を使って、ドアスコープを通して、部屋の中をのぞきみる可能性もあります。ドアスコーププロテクターは、ドアスコープの室内側に取り付けて、屋外からの覗き見を防ぎます。

防犯赤外線センサー・ライト・アラーム

人が玄関や庭などを横切ったとき、防犯センサーを設置しておけば、防犯灯(防犯ライト)を点灯させることができます。

ただし、猫が横切ったり、落ち葉がセンサーを隠したりしただけで反応したりすると、うるさくなってスイッチを切ることになるかもしれず、かえって防犯には役立たなくなります。

赤外線パッシブセンサーは、人間の体から出る赤外線のみを感知するようになっています。また、防犯ライトだけでなく、警報を鳴らす製品もあります。

赤外線ビームセンサーは、玄関や車庫の前に取り付けると、両手がふさがっているときなど自動点滅照明として働きますので、防犯の用途以外にも使えます。

防犯監視カメラ

防犯カメラは近年急速に普及してきました。玄関や勝手口に防犯カメラを取り付けると、不審者の監視効果と抑止効果の両方が得られます。

単にモニターするだけのもの、自動記録するもの、無線式のものなど、いろいろな製品があります。24時間記録し続けると膨大な記録用メモリーが必要になるので、赤外線センサーと組み合わせて、センサーが人体に反応したときだけ記録して、記録用メモリーを節約するタイプもあります。

防犯カメラには、単に不審者を威嚇するだけのダミーカメラもあります。ダミーカメラの場合は、隠しカメラのような目立たない製品ではなく、威圧感のあるやや大きめの製品が効果的です。

窓センサー

窓センサーを取り付けると、窓が開けられたり、異常な振動がおきたときに警報が出ます。

しかし、通常の窓の開けたて時に警報が頻繁に鳴ったりすると、スイッチ一を切ったままにしたりして、防犯の用を成さなくなることがあります。そうならない様に、誤動作防止付の製品がお勧めです。

ガラス窓用防犯フィルム

防犯フィルムは粘着性のフィルムで、窓ガラスの破壊を起きにくくし、不審者の侵入を難しくします。地震の時には、ガラス破片の飛散を防ぐ効果もあります。

一般的には、防犯フィルムと地震対策用フィルムは別の製品です。防犯フィルムは地震対策用にも使えますが、地震対策用フィルムは薄くて敗れやすいので防犯用にはなりません。

防犯対策用のフィルムは地震対策用のフィルムよりも厚手で、しわがよりやすく、貼り付けはやや難しくなります。きれいに張りたい場合は、専門業者に依頼したほうが良いでしょう。

防犯窓ガラス

通常のガラス窓に防犯フィルムを貼るよりは、防犯ガラスを窓に使ったほうが、より完璧な防犯ができます。一般の方が窓ガラスを防犯ガラスに交換するのは難しいので、新築する時やリフォームする時に、専門業者に依頼しましょう。

防犯ミラーカーテン

道路からの通行人の目やストーカーの目が気になる場合は、窓に目隠しをする必要があります。障子があれば十分な目隠しになりますが、洋風建物の場合はそうはゆきません。ブラインドは一般の住宅に似合わないという場合、ミラーカーテンがお勧めです。

住宅警備(ホームセキュリティー)

以上の防犯対策を全て行っても、不審者に侵入されることがあります。

もし、防犯対策を行ったにもかかわらず何度も侵入された場合は、警備保障の会社に依頼して、セキュリティを確保するのが最善の手段です。ただし、かなりの維持費がかかります。 セキュリティ会社のステッカーが貼ってあるだけで、ある程度の抑止効果があります。

住宅警備保障会社としては、セコム、アルソック(綜合警備保障、ALSOK) 、セントラル警備保障(CSP)などが知られています。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com