防犯ダミーカメラ

防犯ダミーカメラとは、本物そっくりの外観に作られた擬似カメラ(模擬カメラ)です。模型のようなものなので録画や録音はできませんが、本物のカメラそっくりなので、侵入者に対する威嚇効果があります。

ダミーカメラは、隠しカメラとは違いますので、はっきりカメラ本体を露出させます。

レンズが回転したり、LEDなどを点灯してあたかも動作中であるかのように擬似動作をする機種もあります。丁寧に作られている装置が多く、近くでじっくり観察しても、ダミーカメラとは感ずかれません。ボックス型とドーム型があります。


ダミー防犯カメラの選び方

擬似動作ができるかどうか、電源が必要かどうかをチェックしましょう。

ダミーカメラは、通常の防犯カメラに比べると、低価格です。撮影した映像を記録・再生するための装置はいりません。また、ほとんどメインテナンスは必要ありません。

できるだけ目立つように、大き目のサイズが良いでしょう。

LEDが点灯したり、人の動きに反応して擬似動作するタイプのものは、乾電池で動くタイプのものと家庭用電源で動くタイプのものがあります。家庭用電源で動くタイプの場合は、電源線を設置する必要があります。乾電池で動くタイプの場合は、定期的に電池交換をしなければなりません。

威嚇効果はありますが、実際の映像記録はできませんので、過去に泥棒に入られた経験がある場合は、ダミー防犯カメラよりも、通常の防犯監視カメラを選んだほうが良いでしょう。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com