ドアホン(住宅用インターホン)

建物の中に設置する電話設備で、NTTなどの公衆交換電話網に接続しない専用の設備がインターホン(intercom)です。防犯の目的で、住宅の玄関に設置して来客と会話するための設備が、ドアホンまたは住宅用インターホンと呼ばれます。

ドアホンは、玄関に玄関子機を1個、室内に親機を1台、別の部屋に副親機を1台設置するのが普通です。機種によっては、オプションで玄関子機を2台以上、副親機を2台以上設置できる場合があります。

玄関子機と親機は2芯のケーブルで接続します。副親機は、通常、ケーブルで親機に接続されますが、ワイヤレスの製品もあります。ワイヤレスドアホンの場合、副親機は建物内で自由に移動できます。


親機には、ドアホン専用ではなく、通常の公衆電話網に接続して通常の電話機あるいはFAX電話機としても使える機種があります。通常の電話機はドアホンに接続できませんので、ドアホンの機種に合わせて専用の電話機または専用のFAX電話機を用意する必要があります。このような電話機は、公衆電話回線にではなく、ドアホンの親機(またはドアホンアダプター)に接続して、使用します。

ドアホン兼用の電話機(やFAX電話機)は、便利ですが、電話とドアホンを切り替える操作がやや煩雑です。たとえば、電話機側で受信操作を誤ると、せっかくかかってきた電話を誤って切断してしまうことがあります。

親機の種類としては、受話器を取って通話する製品と、ハンズフリーで受話器なしでも通話できる製品があります。

音声通話だけでなく、ビデオカメラつきで映像を室内機で確認できる機種もあります。これを、テレビドアホン、テレビインターホン、カメラ付きドアホンなどといいます。初期のものはモノクロ映像の撮影でしたが、最近ではカラー映像が主流になってきました。撮影した画像を記録できるものもありますが、多くは静止画あるいは連続した静止画の記録のみです。

高級なドアホンには、センサーを備えていて、人が近づくと自動的にドアホンのスイッチが入って、ビデオ録画できる機種もあります。

留守中に来客があると、インターネット経由で携帯電話などで呼び出す機種もあります。
オートロックと連動して動作するドアホンは、最近のマンションの共用玄関に広く採用されています。室内から、遠く離れた玄関のオートロックを解除できます。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com