住まいの防犯ドアロック

玄関ドアのロック

あなたの住まいの玄関ドアには、ロックが何個ついていますか?

住宅の玄関ドアにロックが1個しか付いていない場合は、防犯上不安です。1個だけですと、短時間で開錠できてしまうからです。しかし、別の種類の鍵がもう1個ついていれば、短時間には開かないので、抑止力になります。可能なら、2個目のドアロックを玄関ドアに追加しましょう。 心理的抑止力ということなら、ダミーロック(偽の鍵)でも有効です。

また、2個のロックを取り付ける場合は、同じ種類のカギではなく、別の種類の鍵にしましょう。同一種類のカギでは、開錠がより簡単にできてしまい、防犯効果が弱いからです。

玄関以外のドア、勝手口のドアなども同様に、2個のドアロックを取り付けましょう。ワンドアツーロックが、空き巣対策の基本です。


ドアロックの種類

ロックの種類は、大きく分けると、機械錠と電子・電気錠に分かれます。

機械錠は、さらに、レバータンブラー錠とシリンダー錠に分かれます。

レバータンブラー錠は、南京錠など、古くからあるタイプのロックで、先端に突起物が付く棒状のカギを使います。鍵穴に差し込んで回すと、内部のレバーが動いて施錠と解錠を行います。他の種類の鍵よりも簡単な構造になっています。また、ピッキングの被害にあいやすいと言われています。

シリンダー錠は、扉に固定した円筒の内部に、回転できる円筒が組み込まれていて、この内部の円筒を鍵で回し、施錠と解錠を行います。シリンダー錠は、さらに、ディスクシリンダー、ピンシリンダー、ディンプルキー、マグネチックシリンダーなどに分けられます。これらの中ではピンシリンダーがピッキングの被害にあいやすかったので、現在、改良型が作られていて、ピッキング対策がすすんでいます。

電子錠や電気錠は電磁石で施錠と解錠を行うものです、機械錠よりは安全性が高いドアロックです。ただし水気に弱く、雨などがかからない場所に設置する必要があります。 番号入力や、カードキーやリモコンなどで開錠できるタイプのものもあります。

ドアロックの選び方

現在ついている種類とは別の種類のロックを選びましょう。2個目の鍵の取り付けが難しい、あるいは予算が十分でない場合は、ダミーロックでも有効です。ダミーロックでも、ある程度の防犯効果があります。 賃貸マンション・賃貸住宅用に、ねじなどを使わないで、ドアを傷つけることなく、簡単に取り付けられるタイプもあります。

十分な予算がある方には、2個目のドアロックとしては電子錠や暗礁番号錠などがお勧めです。

ドアの表面に傷を付ける恐れがありますので、取り付けは専門業者に依頼するのが無難です。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com