防犯ミラーカーテン

室外から見た、ミラーカーテンとレースカーテンの比較お宅では、通行人の目や向かいの高層建物の住人の目が気になることはありませんか?

戸外から部屋の中を覗かれるのは困りますね。覗きを防ぎプライバシーを守るのがカーテンの役割ですが、必ずしも十分に防げるわけではありません。

大きな窓の場合、普通は、内側に2枚のカーテンをつるします。そのうち、窓側の薄いカーテンがレースカーテン(lace curtain)(シーアカーテン(sheer curtain)ともいいます)、部屋側の厚いカーテンがドレープカーテン(drape curtain)です。


ドレープカーテンは厚く不透明なので覗きは防げ、防犯効果・ストーカー防止効果を期待できます。しかし、部屋が暗くなるの夜だけしか使えません。ということは、夜間は通常は覗き見は不可能なのです。雨戸がある場合は、さらに安全ですね。

それに対し、通常、昼間は薄いレースカーテンだけを使うので、戸外から覗かれる可能性が高くなります。従来のレースカーテンですと、室内が明るければ、室内の様子が見えてしまいます。室内で照明をつけている場合はなおさらです。

そこで、防犯効果が高いということで、最近注目されているのがミラーカーテン(mirror curtain)です。(英語の「mirror curtain」は、ガラス製の鏡でできている特殊なカーテンをさす場合もあります。)

ミラーカーテンはレースカーテンの一種ですが、カーテン布地を鏡(ミラー)のように光沢加工することによって、 光を反射するように作られたカーテンです。ミラーレースカーテンとも呼ばれます。

ミラーカーテンは、半透明のカーテンで、戸外から室内を覗きにくくするプライバシー保護効果があります。また、一般のレースカーテンのように、薄手で外光を豊富に取り入れるので、部屋が暗くなりません。また、断熱効果もあるため、冷房費と暖房費を減らす効果も期待できます。

ただし、販売店で商品を比較してみればわかりますが、同じミラーカーテンであっても、製品により覗き見防止効果にかなり差があります。

レース生地に透かし部分が多いほど、覗き見防止効果は少なくなります。

逆に、透かしがほとんどなく繊維が密に織られている製品では、覗き見防止効果は高くなります。

室内から見た、ミラーカーテンとレースカーテンの比較しかし、覗き見防止効果の強いミラーカーテンでは、明るい戸外の景色を室内から眺めようとしても、ほとんど見ることができません。そのため、部屋が狭ければかなりの圧迫感を感じます。ちょうど、障子を締め切った場合に近いですね。

このように、ミラーカーテンには長所と短所があります。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com