住宅・オフィス・店舗の防犯監視カメラ

防犯カメラの働き

住宅・オフィス・店舗の玄関前、勝手口、車庫前などに防犯カメラ(security camera)を設置することにより、不審者の侵入を抑止したり、記録することができます。

カメラで撮影した画像は専用のモニターや録画装置に送信するほか、携帯電話などのモバイルデバイスに送信して異常事態を知らせることも可能です。(→ モバイルデバイスでのカメラ監視

防犯カメラが監視する視野はレンズの画角によって決まります。ドーム型カメラの場合は、レンズが上下・左右に自由に回転できる場合が多いので、監視範囲が広くなります。(→ カメラのPTZ(視野制御)


主な防犯カメラ・ダミーカメラの種類

アナログ式カメラとデジタル式カメラ

防犯カメラにも、アナログカメラとディジタルカメラがあります。それぞれ特徴があります。

メガピクセルカメラ

1つのカメラ内の撮像画素(ピクセル数)が100万以上のものを、メガピクセルカメラと呼びます。

4Kカメラ

フルハイビジョンカメラの約2倍の解像度があるカメラを4Kカメラと呼びます。

ボックス型カメラ

防犯カメラを外形から分類すると、ボックス型とドーム型に分けられます。

ボックス型防犯カメラは、店舗や事務所の天井からぶら下げる、標準的な防犯カメラです。 標準レンズ、広角レンズ、超広角レンズなど用途に応じて監視範囲を指定できます。大きく、角ばった目立つ形をしているので、不審者を威嚇する効果があります。威嚇効果を高めるため、「監視カメラ作動中」といった表示板を設置することがあります。

ボックス型カメラは防犯用途以外にも使われています。たとえば、鉄道の駅のホームでの事故監視、工場の製造ライン監視、発電所などの人が立ち入れない場所の異常監視、ダム・河川・火山などの状況の監視・記録にも使われています。監視画像をテレビやインターネットなどでリアルタイムに撮影・公開する場合もあり、これらはライブカメラとも言います。

ドーム型カメラ(カプセル型カメラ)

ボックス型カメラが威圧的すぎて部屋の雰囲気を壊す場合は、代わりにドーム型防犯カメラが使われます。カメラ全体がドーム内に収められているので、あまり目立ちません。もちろん不審者が見れば防犯カメラだとわかるので、威嚇効果もかなりあります。

室内に設置して、お子様やペットの監視などに利用することもできます。 カメラ自体の光学性能はボックス型よりも落ちることが多いのですが、ケース内部でカメラが回転できるので、監視対象の範囲が増大します。

隠しカメラ

壁や天井や家具や鏡などの内部に埋め込んで、存在をわからなくしたカメラです。鏡の裏側に組み込んだ隠しカメラはお客様に威圧感を与えないので、店舗などに設置されることがあります。

隠しカメラは、どちらかというと防犯目的よりもむしろ盗撮・盗聴目的に使われることが多いので、一般向けではありません。

赤外線センサー付カメラ

無人の状態でカメラが24時間動作し続けると膨大な撮影記録が残り、後からこの撮影記録をチェックするのは大変です。しかし、必要な場合だけ、カメラが動作するなら、後からのチェックが簡単です。赤外線センサー連動カメラでは、赤外線監視エリアに人が立ち入った時だけビデオやモニターが動作するので、撮影記録のチェックも効率的に行えます。

ワイヤレスカメラ

防犯カメラとモニターが遠く離れている場合、カメラの設置場所によっては、信号ケーブルを配線するのが難しくなります。こんなときにはワイヤレスカメラが役に立ちます。

ワイアレスカメラは、撮影した映像信号を、ケーブルを使わないで、電波でモニターの受信機に送信します。 しかし、 受信機は電波が届く範囲に設置する必要があるので、どこにでも自由に置けるわけではありません。 カメラが電池式の場合は、カメラへの電源ケーブルも配線不要になります。

ウェブカメラ(IPカメラ)

撮影した映像信号を、インターネットまたはLAN経由で映像を送信するカメラをウェブカメラまたはIPカメラと呼びます。遠隔地にカメラを多数配備して、一箇所の監視センターで集中的にモニターするのに適しています。

ビデオ録画カメラ

ビデオレコーダー最近の防犯カメラは単に撮影するだけでなく、ビデオテープ、ビデオレコーダー(ハードディスク)、メモリーカードなどに映像や音声を記録できる製品が多くなっています。記録された映像は専用のモニターや家庭用テレビなどに接続して再生したりできます。

デジタルタイムコード埋込機能付カメラ

デジタルタイムコード埋込機能があるカメラを使って撮影すると、特定の時間に撮影した録画画像の頭だしが簡単にでき、また、後からの録画改ざんを防ぐことができます。

耐衝撃性カメラ

暴力的な犯罪が起こると、証拠隠滅のため、犯人によって防犯カメラが破壊される恐れがあります。しかし、特別に頑丈な耐衝撃性カメラを備えておけば、攻撃に耐えて、犯行映像を記録することができます。ほとんどの耐衝撃性防犯カメラは、ドーム型カメラであり、見た目は通常の防犯カメラとまったく同じです。

ダミーカメラ

ダミーカメラとは、形だけは本物のカメラそっくりですが、電子回路が入っていないため撮影や記録ができません。たんなる威嚇効果による防犯のための製品です。

ダミーカメラは、視覚的な威嚇効果を出すため、カメラ本体を露出させるように設置します。LEDなどを点灯させて動作中であるかのように擬似動作をする機種もあります。ボックス型とドーム型のダミーカメラがあります。

防犯カメラの選び方

一度でも家屋などに侵入されたことがある方は、防犯カメラの設置がお勧めです。

防犯カメラは玄関を見張るだけでなく、窓ガラスなど、建物の周囲をぐるりと監視しなければ完全な防犯効果は得られません。もし複数個の防犯カメラを購入するだけの予算がない、あるいは、予算があってもメインテナンスに時間をかけられない、とうい場合には、比較的安価なダミーカメラがお勧めです。見ただけで威嚇力があります。

しかし、不審者の映像が記録装置に残っていれば犯人逮捕の可能性も高くなりますので、可能ならば、本物の監視用防犯カメラを取り付けましょう。

屋外に防犯監視カメラを取り付ける場合は、たとえ雨風にさらされなくても室内設置の場合に比べて寿命は短くなります。

実際の設置条件、監視条件、取り付け壁面や天井の強度、ケーブル長さ、画像の鮮明度、価格、製品寿命など、各種条件を検討してから防犯カメラをお選びください。




このページのトップへ戻る
Copyright © 防犯対策情報事典 Design by http://f-tpl.com